セックス依存症

「こんなにHな体じゃなかったのに」、彼女は顔をよじらせて、全身で感じている。
「ごめんね、僕がHな体にしちゃったかな」と言いながら、彼女の体の中に入っていく。
確かに、彼女はこんなにHな子じゃなかった。
自分とのセックスがよっぽどよかったのか、最初からちゃんと付き合っていたわけじゃないのに、セックスのためら彼女は僕に連絡してくる。
「セックス依存症なのかな、上島さんのことしか考えられないの」って。
まぁ、僕のことを考えてるっていうよりは、僕とのセックスが頭から離れないってやつだと思うけど。
セックスに自信があるわけじゃないけど、下手な方ではないと思う。割と女性からのアプローチは多いし、実際僕と寝た女は向こうから求めてくる。

彼女がセックス依存症なら、僕と付き合った子みんなセックス依存症だ。
「麻衣ちゃんは普通だよ。セックス依存症なら誰彼かまわずだから」って言ったら、「じゃ、違う、セックス依存症じゃないと思う。上島さん以外の男に抱かれたいって思わないから」って。
僕に奥まで突かれながら、アンアン喘いでいる。
若い男なら、ガンガンと突くところ、僕は体力もないから、ゆっくり奥を突きながら、しばらく動かさなかったり、横にずらしたり、前や後ろと変化をつける。
女の顔が快感で歪んでくる。その、緊張感のない顔は、相手がどんな美人であっても、やっぱり間の抜けた顔だ。
そういう顔がすごくいい。
座位にして、ちょっと突き方を変えると、のけぞるようにして体を預けてくる。
女の性欲は、相手次第ってことなのだろうか。

秘密の出会い
人妻との出会い

浮気したい

 離婚したいという気持ちはないけど、浮気したい気持ちは沢山ある40歳の男です。
妻との生活を放棄するつもりは全くありませんし、これからも家庭を大切に考えていきたいという気持ちがあるのですが、その反面で浮気したいという気持ちはとても強く持っていたりもするのです。
セックスレスになっても随分と月日が経ちました。
ただ性欲がなくなっているわけではありません、ですから割り切れる関係をつくれる女性を見つけたいと思うようになっていたんです。
インターネットの出会い系のサービスというのは、そういう相手を見つけられるのですから、一度利用してみようと思いました。

出会い系のサービスというのは、女性も割り切りで関係を持ちたいと思っている方が多くいるようでした。
浮気したいこちらとしても、こういったタイプの女性は大変好都合だったのです。
メール交換を始められたのは、既婚者の26歳のミナちゃんでした。
彼女は旦那が出張に出てしまったために、しばらくセックスができなくて困っていた様子でした。
2人で秘密の関係を楽しんで見ないか?とメールで書いてみると、ミナちゃんもそれも楽しそうかもしれないということで、避妊を約束して待ち合わせすることになったのです。

なかなか可愛らしい女性だったし、自分のタイプのムチムチなボディの持ち主でした。
久しぶりの刺激に、大いにペニスも勃起を続けてくれて、彼女のフェラチオをたっぷりと楽しんで行けました。
私も若い人妻のオマンコをしっかりと舐めてあげて、そしていろいろな体位で挿入を楽しんでいきました。
浮気したいと言う気持ちを抑えることができず、利用した出会い系サイトで見つけた人妻、彼女も私とのセックスで大変満足できて、久しぶりに爽快な快楽を楽しめたと言ってくれました。
愛人募集掲示板
愛人募集

愛人募集掲示板

愛人募集掲示板…こういうところに書き込んでくる男性と言うのは、半分を冷やかして書き込んでるんだろうな、そんなふうに思っていた。

だからこうして、実際に家賃40万円のマンションを広尾に契約してもらっても、まだなんだか信じられない気分がする。

世の中にはお金を持っている人がいるもんだねぇ・・・私みたいなのは他にもいると思うんだけど、何を気に入ってくれたのか、掲示板でやり取りしてから1週間でこういうことになってしまった・・・。

もし私にひとつだけとりえがあるとしたら、それは愛人募集掲示板で発揮された私の聞き上手のテクかもしれない。むかしからおばあちゃん子で、おばあちゃんのわけの分からない話に相槌をうって、おばあちゃんに喜んでもらってお小遣いとかもらってたなあ・・・。妹や姉がまったくそういうことできなかったら、小学生の私は自分の聞き上手に自信を持っていろんな老人ホームに行って話しを聞いてあげてた。もちろんお小遣いをもらうためだ。当然のようにみんな私に感謝してお小遣いをくれたから小学生のクセに毎月のお小遣いは1万円くらいになっていたな・・・。

愛人募集掲示板というのが、あの老人ホームめぐりしていたころの感覚にぴったりなんだということに気が付くのにそう時間はかからなかった。みんなやっぱさびしいんだよね。だから人に何かを聞いてもらいたい。私はそういうさびしい魂みたいなのに触れるのが嫌じゃなかったし、むしろ好きだったんだ。

この家賃40万のおじさんも、きっとそうなんだよね・・・。
ありがとね、おじさん。
おじさんの話しいっぱい聞いてあげるよ。
これからなんでも話してね・・・。
LINE 出会い
神待ち

神待ち

ディズニーランドに連れて行ってくれる神様、いますか。神待ちでそうつぶやいてみた。別に特に行きたかったわけじゃないけど、どこか行きたいってなるとディズニーランドしか思いつかなかった。お金がないわけじゃないけど、一人で行くようなところじゃないし。友達とかいないし。
神待ちをよく利用する。こないだは突然とんこつラーメンが食べたなくったからから「とんこつラーメン食べたい。神様連れてって」と書き込んだ。そうしたら、車で横浜まで連れて行ってくれた。ちょっと、とんこつがキツくて、帰りに気分が悪くなった。で、途中でホテルで休憩して、休んだ。お風呂に入ったら気分はよくなったから、Hした。
なんか、お風呂に入っても、全身とんこつ臭い感じがして、なんかヤだった。Hはそんなに良くなかったけど、まぁとんこつは食べれたし。

行きたいところや、食べたいところがあると、神待ちするんだ。
たいてい、向こうがいろい連れて行ってくれるしね。お金払わなくてすむし。そういう気を遣う必要がない相手っていいよね。ほら、付き合ってる人とか、友達とかだと、お金出してもらうとなんか気まずくなるっていうか、今度は私が出さなきゃとか考えちゃうし。
その場限りっていうのがいいよ。何人かは「また」とか言ってくるけど、「また」にしちゃうと、いろいろまた気を使うことになるからさ。気軽に遊びたいときに神待ちするのが一番だよ。いろんな人には会えるし。ヤな人もいるけど、そういう人だったら、すぐ逃げるようにしてるんだ。

フェラ抜き
プチ援

プチ援交

プチ援交の処女率って意外に高いと思いますよ。
だってこの私がそうですから(笑)。
要するに、実際にするのはちゃんとした彼氏っていう風に決めているけど、それとは別に本当に割り切りでお小遣いほしい時があるからね。

だから、完全にお金目当てだから自分がエッチな事をしているという自覚もないし、人からそういう風に言われても、なんのことだか全然わからない(笑)。

プチ援交やってる子の中には、それは確かに性的に乱れちゃってる子もいると思いますよ。でも、なんていうか何…まあ私たちにとっては、手コキというのはアレはマッサージの一つなんですよね(笑)。
「ちょっと肩揉んでくれない、かなり凝ってるんだよ」
こんな感じと同じです。

違うところは肩じゃなくて下の方が凝っちゃったから揉んで欲しいっていうところだけ(爆笑)。だからプチ援交相場っていうのは、安いだと思いますよ。私たち大学生で引き受けるときの金額が5,000円とかそのぐらいですね。

中には、最初からエッチ目的で女の子油断させるために最初はプチ援交から、とかそんな感じの人もいますね。でも私たちはそれから先の事は全く興味がないし、そんなそぶりを見せてきたらもうお金はいらないからって、そのまま帰ってきちゃうていう感じです。

だからプチ援交っていうのは、不純異性行為でも何でもないんですよ。まぁ、こんな風に手軽にお金が儲かってしまうことを、大学生の女の子と覚えていっていうのは、それはそれで別の問題かもしれないけどね(笑)。
プチバイト
車内フェラ

プチ援

この間プチ援で手コキしてもらった女の子があまりにもロリ顔だったから、どうせ本当のことなんて答えないだろうな・・・と思いつつ聞いてみたんだよね「君、本当はいくつなの?」って。
そしたらなんと「14歳です」っていうから、さすがにこれは犯罪かな?って怖くなったね・・・。家に帰ってソッコーでプチ援関係のいろんな情報集めてみたら、どうやら相手が中学生であったとしてもプチ援の範囲内に収まっているんだったら、つまり本番行為を含むような援助交際じゃなければ、犯罪にはならないらしい・・・。
しかし衝撃的だったなあ・・・

いやあ、お前も知っての通り俺には中学生の娘がいるだろう?ああ、お前も一度会ったことがあるよな。もうずいぶん前のこと、たしか小学校低学年のころだっけ・・・。最近ではずいぶん女っぽくなってきたんだけど、まだしょせんは中学生だからっていう思いがあったんだよね。その娘と同じ中学生があんなことを(って、楽しんじゃってる俺が言えた義理じゃないけどさ)やってるっていうのは、やっぱショックだったよ。

娘に限ってそう言うことはないとは思うんだけど、直接聞いてみるわけにも行かないし、なんだかもやもやした気分だよね・・・。

よく安っぽいエロ小説とかアダルトビデオであるような、性風俗楽しもうと思ったら実の娘と出くわした、なんてことがないといいんだけどな・・・。
まあ、考えすぎだろうけど、万が一そんなことあったらおれの家庭なんて一発で崩壊だな(笑)。

お小遣い
プチ援

プチ援

プチ援のサイトで見つけた20代の子なんだが、ちょっと不思議ちゃんだった。
「あれぇ、中山さんの守護霊さんって女性なんですね」っていきなりいわれた。
「へー、そういうの見える人?」ってふざけて聞いたら、「はい。前世とかも見えますよ」って。
プチ援なんかしてる子に、そういう子がいるとは思わなかった。ってゆーか、そういう能力あるならプチ援なんかしなくても、ぼったくり占い師とかで稼げるんじゃない? 笑って言ったら、「えー、ダメですよ。占い師なんて、私頭悪いし」って。
頭悪いの自覚してる子ってそんなにひどくもないと思うがな。
「君の守護霊さんは、君がプチ援してることに対して何もいわないの?」って聞いたら、「人のは見えるけど、自分のはダメなんですよね」だって。

「だけど、プチ援で出会う人とかの守護霊さんとかに叱られることはあります」って。
ちょっとウケた。
「じゃ、俺の守護霊さんとかもなんか言ってくる?」って聞いたら、ちょっと困った顔して、「こんなこと言っちゃっていいのかな」って。
「中山さん、過去に女の人妊娠させちゃったことあるでしょう。で、そのまま逃げちゃったから、守護霊さんが女性だからすごく怒ってる。こんな男、相手にしない方がいいって言われた」
確かに、まだ若いころ、セフレ孕ませたことあったなー。あのまま携帯も変えて、引越しして、連絡しなかったけど、あの子あれからどうしたのかな。
「その相手の女性、自殺してます」
彼女の声がエコーで聞こえた。あれからどうやって家に帰ったのか記憶がない。

キスフレ
添い寝カフェ

31歳独身男性会社員のLINEのお話

若い時は今ほど規制もきつくなく、当時大流行していた某無料出会い系サイトで色んな女の子と出会っていました。

しかし近年になってからは露骨な出会いを求めることに対しての各サイトからの制限が強くなり、何年かは自粛する羽目になってしまっていました。

そんな私ですが、「LINE 出会い」で検索したのをキッカケに再び出会いを求めるステージに戻ってくることが出来たんです。

今までサイト監視のもと制限されていたわけですが、LINEの登場によって学生時代と変わらない頻度で異性と交流を持つことが出来るようになりました。

元々LINEがリリースされた段階で私はIDを取得していたものの、まわりではまだLINEはおろかスマホ自体持っているという人間がいませんでした。

なので、このアプリの活用に関しては単純に仲間内で連絡を取り合う程度のものだったわけですが、久々に遊ぶ相手がほしいなと思ったことで、簡単に出会えるサイトはないかと、各種サイトを巡回していました。

そこで見つけたのがこのLINEでの出会う方法です。

いつの間にか自分が思っていたよりもこのアプリが普及していて、10代~20代の学生も多く利用していることを知った私はすぐに色々な相手にアタックしました。

最初は不慣れだったためなかなか結果が伴うことはなかったのですが、慣れてくるうちにどんな相手にコンタクトをとればいいのかとか、自分も最低どこまで情報を公開していなければいけあいのかを把握でき、それからは以前とそん色のない形で出会いを作り出すことに成功しました。

一時は計7人の相手と同時進行で連絡を取り合うまで使いこなすことが出来るようになったのですが、気を付けなければいけないのが、サクラというか販売目的というか、そういった相手も稀に存在するということです。

連絡を取り合っていくうちに地雷な相手というのは何となくつかめてくるので、そんなやつは容赦なくブロックすればよいです。

それよりもしっかりと狙った相手に対して、確実に会う、飲みに誘う、その後の行動プランまで誘導する。

これらに力を入れるべきですが、会ってからの行動については個人のスキルにもよるし多少場違いなので割愛しますが、このアプリはかつての某無料出会い系サイトや、簡単に出会えると評判だった某ソーシャルサイトと全くそん色なく使えるサービスです。

26歳独身女性会社員の彼氏募集のお話

私は、恋人がほしいと思い、ハッピーメールに登録しました。本当に、興味半分で登録しました。出会い系サイトでそんないい出会いなどないだろうな~と最初は思っていました。
でも、メル友が出来ると、すごい楽しいと思い、はまっていくのが分かりました。
まだ、会ったことがない人とメールするなんて、楽しいのかな?って思っていましたが、その人をどんな人か想像しながらメールするのが、とても楽しいのです。何人かメル友が出来ました。出会い系サイトで彼氏が欲しかったのですが、メル友で十分楽しいので、そのまま、何か月もメル友でいました。
でも、ある日私が、落ち込んでいた日がありました。そして、その日に、メル友の中で一番仲の良い人と電話でしゃべりました。電話で話をするのは初めてだったけど、とても素敵な声で、声がとてもかっこよくて、会いたいと思う気持ちがとても強くなっていきました。それは、相手も同じだったみたいです。その後、彼に会いたいと言われました。私も、会いたいと思っていましたので、会ってみました。
実際に会ったら、とても優しい人でした。そして、すぐにお付き合いをすることになりました。出会い系サイトで彼氏が出来ちゃいました。